群馬県 万座温泉ホテル聚楽(じゅらく)に宿泊してきました!

宿泊体験
タカシ
群馬県 万座温泉 ホテル聚楽(じゅらく)に実際に宿泊した感想を書いています。絶景の露天風呂は朝も夜も最高でした!

 群馬県 万座温泉 ホテル聚楽(じゅらく)アクセス

伊東温泉 ホテル聚楽(じゅらく)

住所        群馬県吾妻郡嬬恋村大字千俣2401

電話番号  0279-97-3535

交通アクセス 公式HP参照

万座温泉は海抜1800mの高山温泉です。紅葉や、雪景色、夏は避暑地と四季折々楽しめます。草津と違った湯畑を中心に様々な温泉が楽しめます。

 駐車場

もちろん無料です。70台ほど駐車可能みたいです。特に、案内の方がいるわけではないので、勝手に止めています。

この辺りは、山奥のホテルや旅館では当たり前ですね。路駐しても誰も文句言わないでしょうね。

 高濃度硫黄泉の源泉かけ流し温泉!

温泉は自家源泉の高濃度硫黄泉です。草津温泉も同じ乳白色で、硫黄の匂いがかなり強烈です。肌にそれほど刺激的ではない感じがしました。金属などは身に着けてますと、錆の原因になりますので、外すように指示があります。

設備は、歯ブラシ以外はフルセットで使えました。洗顔が、すべての洗い場についているわけではなかったです。

露天風呂は絶景でした!大自然の中で、キレイな露天風呂に浸かっていると、日頃の疲れが吹き飛びます!露天風呂は、内風呂からすぐに出られるので、寒さはそれほど感じませんでした。

万座温泉のホテル聚楽(じゅらく)は空吹(からぶき)と言われる、岩場から水蒸気が噴き出している光景が露天風呂から見れます。他の旅館やホテルでは露天風呂からは見れないみたいですね。

朝の入れ替え時間に、10分ほど撮影がOKとホテルからご案内がありました。ご覧ください。

 



 

タカシ
自家源泉の説明です。加水はしてませんが、加温はしてるみたいですね。とっても満足な泉質でした!お肌すべすべ!

 食事は、地物と野菜を沢山使ったバイキング形式です。

聚楽(じゅらく)グループの好きなところは、やっぱり朝食、夕食のバイキングがとても美味しいことです。万座温泉の聚楽(じゅらく)ではライブキッチンがありませんが、お茶の水聚楽(じゅらく)と同様の野菜中心のバイキングです!野菜は最近高いですからね。とても助かります。お腹いっぱい食べました。

嬬恋高原キャベツが甘くて美味しかったです!写真撮り忘れました・・・

タカシ
ディーナーバイキング時に飲み放題を付けました。1,500円(税別)1時間飲み放題です。ビールも入っているので嬉しいですね!自分は太るのでビールは頼みませんが。4杯目からお得になる計算だと思います。朝食も、夕食も、1時間あれば十分ですね。のんびり食べて、1時間かかりませんので。

 群馬県 万座温泉ホテル聚楽(じゅらく)まとめ

万座温泉は、海抜1800mの高山温泉ですので、場所柄、温泉街というものがありません。その代わり、一面の大自然が魅力です!気温差がかなりありますので、冬場に車で行行かれる際は、早目の冬タイヤの装備必着です。2019年11月3日行きましたが、朝の外気温は2度でした。これは、真冬はチェーンでも無理そうですね。

夜は、晴れていたので、満天の星空が見れました!写真撮り方がわからず・・・星が撮れませんでしたが、とても近くに感じました。温泉の後のゆあがりテラスで、一面の星空が見られます!是非晴れ男、晴れ女の方とご一緒に見に行ってください。

これから行かれる方へのアドバイスとして

温泉はそれほど大きくないですが、宿泊部屋がそれほどないので、ピーク時の混雑も少なかったです。お食事は、30分~1時間遅くいくと空いてます。標高が高い分朝晩の寒暖差がかなり大きいので、普段より多めの上着持参が必須ですね。

キッズスペースです。温泉街や遊ぶところがないので、お子様ずれに大人気でした。

おしまいに、嬬恋村の大自然です!うひょー!!

東京方面からくる方へ。県道28号線は狭くて危なくて、危険です。行きも帰りもここを通るのは避けたほうが良いです。自分は運転が下手なので死にかけました・・・・

それでは、ご覧いただきありがとうございます!