熱海温泉 走り湯 駐車場は?

熱海温泉

  ←励みになります。最初にクリックお願いします。

熱海温泉の走り湯っていう珍し源泉を見たいんだけど

車で行けるのかな?

駐車場はあるの?

どうやっていけば良いの?

熱海温泉の走り湯は日本でも珍しい横穴式源泉で、日本三大古泉の一つです。

今から約1300年前に発見され、山中から湧き出した湯が海岸に飛ぶように走り落ちる様から 「走り湯」と名付けられました。

今回は、熱海温泉走り湯への行き方を記事にしました。

熱海温泉に来たら是非訪れてみてください。

 

タカシ

結論

熱海温泉「走り湯」は、駐車場なし。

路上駐車はお勧めしません。(警察が常時巡回)

おすすめは路線バスです!

それではご覧ください。

 

 熱海温泉 走り湯

熱海ニュース参照

DATA
住所 〒413-0002
静岡県熱海市伊豆山604-10
電話番号 0557-81-2631  (伊豆山温泉観光協会)
駐車場 なし
アクセス ■熱海駅より「湯河原」方面行きバスにて約5分→「逢初橋」下車→徒歩約10分
備考 ※入浴施設ではありません

相模の海に臨む「走り湯」は、日本でも珍しい横穴式源泉で、日本三大古泉の一つです。
今から約1300年前に発見され、山中から湧き出した湯が海岸に飛ぶように走り落ちる様から 「走り湯」と名付けられました。
「伊豆の国山の南に出づる湯の早きは神のしるしなりけり」と源実朝が詠んだように、 明治以前は伊豆山神社の神湯として信仰されていました。
奥行5mの洞窟から今も70度の湯が毎分170リットル湧き出ており、源泉は神秘的な光景が広がります。

走り湯は海岸線の港の近くにあります。

入り口は狭く民家の隣にあります。

こんな感じです。入場料なし

時間は書いてませんが24時間見れるみたいです。

ですが、

※民家があるので夜は行かないようにしましょう

走り湯への道は狭く、観光地としてはもう少し整備が必要です。

入り口は神秘的です。

この辺りで源泉の熱気が凄いです。

湿度は100%です。

横穴の中はこんな感じです。

5メートルくらい奥に源泉が湧き出ています。

 

 駐車場はありません

グーグルマップで見てもわかる通り海沿い&国道の立地です。

駐車場はありません。

他県の方は横穴式の源泉なんて珍しいですが、地元民からしたら何が珍しいのか・・・

なんて感じですので、観光用に作られてません。悲しい・・・


路上駐車している車が何台かいます。

しかし、この付近は路上駐車が多発している為、警察車両が巡回しています。

せっかくの観光が切符を切られて台無しになりますので、路上駐車はやめましょう。

 徒歩VSタクシー

 徒歩の場合

 

徒歩24分です。

しかし、

熱海は坂が多いです。

熱海駅から走り湯までは下りです。

帰りは上りですので、行きは徒歩帰りは乗り物も良いかな~なんて思いますが、

タカシ

ちょっと待った!

 

国道135号線は車の往来が激しいです。

特に観光シーズンは激混みです。

歩道が狭く二人横並びで歩けません。

特に、お子さんがいる方は徒歩はやめましょう。

 タクシーの場合

タクシー料金片道970円

往復 1,940円です。

その他観光の間待たせているなら、別途追加料金。

渋滞時はもう少し料金が掛かります。

4人以上で行くならいいかもですね!

 おすすめは 路線バス!!

熱海の観光に欠かせないのは路線バスです。

熱海は坂が多く、道が狭く徒歩では不便な場所が多いです。

車が最強ですが、駐車場がない場所も多々あります。



レンタカー予約が8%OFF! Booking.comカード

市内観光はバスがお勧めです。

東海バス時刻表

熱海駅から湯河原駅行きのバスで、逢初橋(あいぞめばし)下車です。

次の駅ですので3分ほどと時刻表にはありますが・・・もう少しかかると思います。

1時間に1本~3本出てますので、観光の時間を決めてゆっくり楽しめます!

観光シーズンは渋滞が予想されます。

特に花火大会の日は、時刻通りバスが絶対に来ません・・・

余裕をもってバス停で待ちましょう!

その他、

バスの乗り方

東海バス乗車のご案内

前方乗車→前方下車

運賃後払い

これを忘れずに。

田舎はこの乗り方が普通です。

観光用に東海バスが乗り放題の切符もあります。

タカシ

観光だけでしたら名所めぐりの700円切符で十分です!

マイナーな熱海を堪能したいなら800円キップをお勧めします。

以上

最後までご覧いただきありがとうございます。

励みになります

↓↓↓